ロッテ 来年3月に台湾ラミゴと交流試合 本拠地で海外チームと試合は球団初

[ 2018年12月17日 14:37 ]

3月にZOZOマリンで行われる台湾ラミゴとの交流試合のロゴ
Photo By スポニチ

 ロッテは来年3月14日、3月15日に台湾ラミゴと「Power Series 2019 in CHIBA」(ZOZOマリン)と題した交流試合を行うと発表した。

 ラミゴとは2014年以来、台湾・桃園市や石垣市で交流試合(通算7勝5敗)を行ってきたが、ZOZOマリンでは初開催。本拠地で海外チームと試合を行うのも球団初となる。

 ロッテの山室晋也球団社長は「ファンの皆さんによる応援合戦やパフォーマーの技の見せ合い、熱気あふれる雰囲気は両チームのシーズンスタートに勢いを与えてくれます」とコメント。井口資仁監督も「海外のチームとの対戦は、日本のプロ野球チームとの対戦とは違う独特の雰囲気があります。地元千葉のファンの皆様にもぜひ応援にお越しいただき、楽しんでもらいたいと思います」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月17日のニュース