マー君、一番手ごわい選手は…「いっぱい。でも弱み見せたくない」

[ 2018年12月17日 22:40 ]

ヤンキースの田中将大
Photo By スポニチ

 ヤンキースの田中将大投手(30)が17日、フジテレビの“月9”ドラマ「SUITS/スーツ」の最終回に副音声で出演。同作の出演者で、プライベートで親交がある女優の中村アン(31)と最終話を一緒に視聴しながら終始リラックスした様子で、トークに花を咲かせた。

 中村が13年に唯一黒星を喫した日本シリーズ第6戦で、田中の投球を観戦したというエピソードも披露。「私が“ナントカ神”なのかな…」と苦笑する中村に、田中は「関係ないよ」と否定した。さまざまな野球の話題にも及び、「一番手ごわい選手は」との質問には勝ち気な右腕らしく「いっぱいですよ。でも、思い浮かんでも弱みを見せたくない」と具体名は挙げなかった。

 また、宝刀スプリット習得の始まりは「某野球雑誌の変化球特集で出ていたのをコピーした」。遠投の距離は「測ったことはないけど、一番いい時で120メートルくらい投げられていたかな」などと明かした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月17日のニュース