ソフトB加治屋「納得」3800万増でサイン 5年目で初のアップ

[ 2018年12月17日 18:03 ]

大幅アップで契約を更改し笑顔で会見する加治屋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの加治屋蓮投手(27)が17日、ヤフオクドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、年俸1000万円から3800万円アップの4800万円でサインした。

 今季は球団最多タイの72試合に登板。サファテ、岩崎らを欠く中、セットアッパーに成長。プロ初勝利など4勝3敗、31ホールド、防御率3・38とし、5年目で初めてのアップ査定となった。「凄く評価してもらった。球団には“投手陣を支えてくれた”と言ってもらえて嬉しかった。やれば上がるということも分かったし、納得してサインしたので、来年以降も成績を収めていきたい」と笑顔だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月17日のニュース