西武・源田 2番映えする出塁率アップ「3割5分くらいいけたら」

[ 2018年12月17日 05:30 ]

ワイキキビーチでSNS用に懸命に写真を撮る西武・源田
Photo By スポニチ

 西武・源田が3年目の来季の目標に出塁率アップを掲げた。

 「出塁率をもう少し上げたい。まだ低いので。3割5分くらいいけたらいい」。新人年の開幕からの連続フルイニング出場はプロ野球記録となり、286試合で更新中だ。出塁率も昨季の.317から.333と上昇したが、納得はしていない。中軸へのつなぎ役として出塁が増えれば、得点増にも直結する。さらに1年目から3つ減った34盗塁も「塁に出ることが増えれば、相手バッテリーもいろいろ考えてくれる。盗塁のチャンスも増える」と意欲的だった。

 浅村が楽天にFA移籍し、新たな選手と二遊間を組むことになる来季。フルイニング出場と出塁アップで、リーグ連覇に貢献する。 (ホノルル・春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月17日のニュース