ロッテ田村 2年連続全試合出場目指す 達成なら球団53年ぶり

[ 2018年12月17日 05:30 ]

トークショーを行うロッテ・田村(右)と三木
Photo By スポニチ

 今季プロ初の全試合出場を果たしたロッテ・田村が53年ぶりの球団記録を目指す。

 同僚の三木と千葉市内でトークショーを行った6年目捕手は「考え方を含めて学ぶことは多い」と楽天から加入した細川に師事する構えだが、正捕手を譲るつもりはない。「“ずっと出てくれ”と言われる選手になりたい。Aクラスで戦い続ければチャンスはある」と捕手では03、04年の城島(ダイエー)以来、球団では65、66年の醍醐猛夫以来となる2年連続の全試合出場を視野に入れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月17日のニュース