バッテリー賞初受賞の西武・森、多和田の好きなところは?「卵みたいな顔」

[ 2018年12月12日 14:19 ]

<2018プロ野球最優秀バッテリー賞表彰式>イエローハットをかぶりポーズをとる西武・森(左から2人目)に笑顔を見せる(左から)西武・多和田、広島・大瀬良、会沢(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 スポーツニッポン新聞社が制定する「2018年度プロ野球最優秀バッテリー賞」(協力・一般社団法人電池工業会、協賛・イエローハット、東日印刷)の表彰式が12日、都内のホテルで行われ、西武・森が爆笑トークを繰り広げた。

 多和田とのコンビで初受賞。壇上で「お互いの好きなところ」を聞かれると「まずは顔ですよね。卵みたいな顔してる」と話して来場者の笑いを誘った。

 「でも、ずっとポーカーフェイスで。抑えても打たれても同じ顔なんです。いいのか、悪いのか…」。言われたい放題の多和田は、そんな森の好きなところを聞かれると「(自分が年齢が上で)先輩なのに、すぐバカにするんですよ!ナメてると思う」。しかし、怒り心頭なのかと思いきや「そういうのも森友哉。そこが好き」と「ツンデレ」で女房役へのLOVEを告白していた。

 今季の試合で打者の打球が多和田の足を直撃した際も「めちゃくちゃ痛かったのに、ニコニコしながらマウンドに来て…」と多和田。森が「痛ないやろ、と思ってにやついてた。ちょっとバカにしてました」と返すと、会場は爆笑に包まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月12日のニュース