巨人・坂本、球団5人目の年俸5億円 来季は若手の「壁」になる

[ 2018年12月12日 05:30 ]

契約更改を終え笑顔で会見する坂本勇(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(29)が11日、東京都大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1億5000万円アップの年俸5億円でサインした。球団史上4人目の大台到達で、今オフ未更改の菅野(4億5000万円)を抜いて球団の現役最高額となった。変動制の複数年契約も結び「3割3分以上は常に目標。ホームランも25本」と見据えた。

 今季はキャリアハイの打率・345をマーク。来季も主将として若手の台頭を望みながらも「壁」になるつもりだ。「全然(若手が)出てきたと思っていない。(こちらが)抜かれるなと思うくらい、やってほしい」と語った。

 球団が持つ将来的な三塁コンバート案についても聞かれたが「守備が僕よりうまい選手が出てきたらサードでというのはしょうがないけど、一年でも長くショートというポジションでやりたい」とこだわりを見せた。今季は左脇腹肉離れで約1カ月の離脱もあり、3年連続のゴールデングラブの受賞はならなかったが「来年はもう一回ちゃんと獲れるように」とした。

 丸の加入も決まり「年下の数少ない刺激される選手。2人で野手を引っ張っていけるように、いい関係性でいけたら」とし「(15年に)主将になってからまだ優勝していない。優勝して喜べたら」と5年ぶりのリーグ制覇へ意気込んだ。 (神田 佑)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月12日のニュース