日本ハム・斎藤 秋吉との再会歓迎 早実時代に投げ合い「都立にこんな凄い投手が…」 

[ 2018年12月12日 09:30 ]

練習を終え、ファンサービスする日本ハムの斎藤
Photo By スポニチ

 千葉・鎌ケ谷の2軍施設で自主トレを行っている日本ハム・斎藤は“球友”との「再会」を歓迎した。

 トレードでヤクルトからの移籍が決まった秋吉とは、早実2年秋の東京都大会ブロック予選で対戦。「早実のグラウンドで投げ合いました。ブロック予選の1回戦で、都立(秋吉は都足立新田)にこんな凄い投手がいるんだと思ったのを覚えている。3―1で勝ったけど、けっこうヒヤヒヤで。当時からあのフォームでした」。この勝利を皮切りに翌春のセンバツ出場、夏の甲子園優勝とつながっていっただけに「縁ですね」と巡り合わせを感じずにはいられなかったようだった。

 同僚の高梨や太田との別れを惜しみつつも「フィットするチームに行けるのは良いこと」と新天地での活躍にエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月12日のニュース