ヤクルト・井野は700万円増 キャリアハイにも「キャリアが今までないので」

[ 2018年12月12日 15:02 ]

700万円増の来季年俸1600万円で契約更改した井野
Photo By スポニチ

 ヤクルトの井野卓捕手(35)が12日、東京都港区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万円増の来季年俸1600万円(推定)で更改した。

 今季は原、石川とバッテリーを組むことが増え、47試合に出場。90打数13安打の打率・144、0本塁打、4打点の成績。昨年までプロ12年間で1軍出場62試合12安打にとどまっていたが、1シーズンでそれに迫る出場試合と、上回る安打を放ち、キャリアハイとなった。

 「キャリアが今までないので、キャリアハイですが」と笑いを誘った井野。「後半戦は半分ぐらい試合に出させてもらったが、ケガもなく勝負できたので良かった」と振り返った。

 年明け後の自主トレは例年通りに千葉県館山市で、楽天・渡辺、DeNA・桑原、日本ハム・黒羽根らと行う予定。「しっかり体をつくって、力を付けて。1年間戦えるように体つくっていきます」と意気込む。

 来季の目標は「キャッチャーなので、試合に出て。今季は2位でCSも負けてしまったので。もう一つ上の順位を目指し、CSから勝ち上がれるようにチームのために頑張ります」と結んだ井野。遅咲きのベテランは、地道に屋台骨からチームを支えていく。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月12日のニュース