大谷、肘の経過順調 エプラーGM「うまくいっている」

[ 2018年12月12日 05:30 ]

エンゼルスの大谷翔平 (AP)
Photo By AP

 エンゼルスのビリー・エプラーGMは、右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた大谷の状態について「(リハビリは)うまくいっている。年越しは日本になる。来年1月下旬にロサンゼルスで診察を受ける」と説明した。

 2週に一度の定期検診はエ軍のメディカルスタッフが来日し、細かく経過を確認。同GMは来年2月中旬のキャンプインを見据え、「(最初はリハビリ組なので)マイナー施設には早めに来ることになるだろう」と見通しを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月12日のニュース