中日 来年1月から東海ラジオがオフィシャルスポンサーに オリジナルキャラも制作

[ 2018年12月7日 20:43 ]

東海ラジオを聴くドアラに見守られながら、東海ラジオの小畑耕一社長(右)は中日球団の矢野博也社長と握手
Photo By 提供写真

 2020年に開局60周年を迎える東海ラジオは7日、来年1月から中日球団とオフィシャルスポンサー契約を結ぶことを発表した。

 ラジオ局がプロ野球12球団とオフィシャルスポンサー契約を締結するのは初の試みで「ドラゴンズステーション 東海ラジオ」として全番組を挙げて中日を応援するという。

 また、球団とタイアップしたオリジナルのロゴマークやオリジナルキャラクター「東海ラジオを聴くドアラ」を制作。中日ファンにとってオンリーワンのラジオ局を目指す。

 この他、来季から新たに仁村徹氏、谷繁元信氏、井端弘和氏が解説者として新たに加わる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月7日のニュース