中日・京田 背番1!竜の鉄人宣言 “虎の鉄人”鳥谷手本に「フルイニング目指す」

[ 2018年12月7日 05:30 ]

来季から背番号「1」を背負うこととなり、笑顔で1番ポーズする京田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・京田がナゴヤ球場で500万円増の年俸4500万円で契約を更改した。1番への背番号変更について初言及し、憧れの阪神・鳥谷を手本に「まずは全試合。そこからフルイニングを目指します」と“竜の鉄人”への道を思い描いた。

 今季は2年目で初の全試合出場。失策数も昨季14から6まで減らすなど守備力も向上した。「ずっと大好きな選手」という鳥谷と同じ1番を来季から付けることを「チームの顔が背負う番号。甲子園に行ったら、2ショットをお願いします」と喜んだ。

 ドラフト1位・根尾の加入で注目される遊撃争いについても「僕もショート1本でいきます」と力強く宣言。プロの先輩として一歩も引かない構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月7日のニュース