西武・熊代 2度目の契約更改交渉―変わらず現状維持1000万円も納得「ムードメーカーは継続したい」

[ 2018年12月7日 15:45 ]

2度目の契約更改交渉で現状維持で合意した西武・熊代
Photo By スポニチ

 西武の熊代聖人外野手(29)が5日、埼玉・所沢市のメットライフドームで2度目の契約更改交渉に臨み、現状維持の1000万円でサインした。

 会見の冒頭では約10秒の沈黙後「前回と一緒です」と発言。その上で「前回(5日の第1回交渉)と言い分は変わらなかったけど、言いたいことはすべて伝えて、球団も聞き入れてくれた。球団に対するボクの思いは伝わったと思います。お互い納得できて契約できたと思います。モヤモヤ感は何もないです」と上積みこそなかったが、晴れやかな表情で明かした。

 今季は25試合の出場で、1軍出場がなかった昨年に続き無安打に終わった。一方で内外野を守れる上に、非常時の捕手役に指名され捕手の練習も行うなど、サブプレーヤーとして様々な役割への準備をこなした。また試合前の恒例の訓示役を務め、チームの士気を向上に一役買った。前回交渉は“声出し”について、双方の考え方に隔たりがあったというが「球団からもムードメーカーというのは凄く言われた。ムードメーカーは誰でも出来るポジションではないので、それは継続したい。」と納得していた。

 9年目となる来季について「どこでも守れるのが武器で持ち味。そこを継続しつつ、課題の打撃をレベルアップして、チームの勝利に貢献したい」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月7日のニュース