古巣・楽天 岩隈と条件面で折り合わず 5日夜に断りの連絡あった

[ 2018年12月7日 05:30 ]

6日、伊藤超短波の全国会議の冒頭であいさつをする岩隈(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 古巣の楽天も岩隈サイドと粘り強く交渉していたが、条件面で折り合わなかった。

 球団の功労者として評価する一方、ここ2年間で6試合しか登板がないことも踏まえて条件提示をしたが、岩隈側の希望との隔たりは大きかった。関係者によると、5日夜に岩隈サイドから断りの連絡が入ったという。今オフはFAで浅村を獲得するなど、打線強化が最大の補強ポイント。石井一久GMは先発投手の補強については「来年、若い選手も出てくるので、チームにマッチするか考えないといけない」とも話していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年12月7日のニュース