若手有望選手に出場機会を 大リーグ手本に球界改革案

[ 2018年12月7日 05:30 ]

労働組合・日本プロ野球選手会定期大会 ( 2018年12月6日 )

選手会定期大会後、会見する選手会会長の炭谷(右から2人目)。右は同副会長の菅野(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 定期大会では、中長期的な視点で球界の発展を目指す「構造改革ビジョン2018」についても話し合われた。子供世代への野球の普及・振興、引退後のセカンドキャリア支援に加え、若手有望選手に出場機会を与えるなどの制度構築が3つの柱。

 制度は大リーグの「ルール5ドラフト」が手本で、登録日数を基準に球団のプロテクトから外し、移籍可能となる案などがあるという。同ビジョンは選手会の公式ホームページで公開する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年12月7日のニュース