代打待機も…ヤクルト青木 第1戦は出番なし「短期決戦はどう流れをつかむか」

[ 2018年10月13日 22:11 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   ヤクルト1―4巨人 ( 2018年10月13日    神宮 )

<ヤ・巨>3回無死一塁、山田哲(1)が二ゴロ併殺に倒れがっくりの小川(左)と青木(右)(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 左太腿裏を痛めたヤクルト・青木はこの日ベンチ入り登録され、代打待機したものの、出番なしに終わった。

 「5、6回ぐらいから準備していた。明日勝てるようにしたい。短期決戦はどう流れをつかむか」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース