DeNA高田GM 退任会見「胸を張ってプロ野球の世界を卒業します」

[ 2018年10月13日 05:30 ]

退任会見でDeNAの南場子オーナー(左)から花束を受け取る高田GM
Photo By スポニチ

 DeNAの高田繁GM(73)が横浜市内の球団事務所で退任会見を行った。

 球団創設時から7年間、編成部門のトップを務め「リーグ優勝の約束を果たせず無念。体力的にも精神的にもきついと感じていた。胸を張ってプロ野球の世界を卒業します」と笑顔で振り返った。25日のドラフト会議が最後の仕事になる。球団はGM職を廃止し三原一晃代表が編成トップを担う。高田GMは退任後、親会社のディー・エヌ・エーのフェローに就任。学生野球資格回復研修を受け、アマチュアの指導にも携わる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース