荒木笑顔、岩瀬涙…中日レジェンドが現役生活に別れ 阪神ファンのヤジ「思い出」

[ 2018年10月13日 18:22 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2018年10月13日    ナゴヤD )

<中・神>引退セレモニーで、スタンドのファンの声援に応える荒木(左)と岩瀬(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 今季限りでの現役引退を表明した中日・岩瀬仁紀投手(43)と荒木雅博内野手(41)が13日、ナゴヤドームで行われたシーズン最終戦の阪神戦に出場。現役生活に別れを告げた。試合後には引退セレモニーでナインとファンに感謝した。

 荒木は「1番・二塁」でスタメン出場。初回の第1打席で右前打、第4打席にこの日2本目、通算2045安打となる右前打を放ちマルチ安打を達成した。

 岩瀬は2―2の9回2死三塁の場面で登板。打席には98年ドラフト同期入団の福留が代打出場。岩瀬は真っ向勝負を挑み、宝刀スライダーで元チームメートを3球三振に斬った。空振りした福留はヘルメットをとって岩瀬に一礼。岩瀬はナゴヤドームの観客から大歓声を受けてマウンドを降りた。

 試合後には引退セレモニーが行われ、荒木は「中日ファンの皆さま、引退する最後の最後の日まで応援してくださって、感謝してもしきれない気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」とあいさつ。セレモニーまで残っていた対戦相手の阪神ファンには「阪神ファンの強烈なヤジ。今となっては本当にいい思い出です」と呼び掛け、笑いを誘った。

 岩瀬はスピーチで元チームメートの福留や高橋聡、阪神で守護神を担ってきた藤川の名をあげると涙をこらえきれず「最後まで残ってくれてありがとう」と感謝。「精神的に強くない自分でしたが、9回というポジションを必死に守ってきました。これからは若い選手たちに安心して見ていられるような投球をしてもらいたいと思います」と後輩たちにエールを送った。

 岩瀬もファンへのメッセージで「阪神ファンの皆さん、僕は精神的にオドオドしてたんですけど、甲子園のヤジは怖かったです」と荒木に続いて冗談で笑いを誘ってから「そして何より中日ドラゴンズファンの皆さま、弱い僕の背中を押してくれて本当にありがとうございました」と頭を下げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース