侍ジャパンU―23代表 練習試合で快勝 7連打で一挙7点 先発・種市は3回1安打無失点

[ 2018年10月13日 18:00 ]

 第2回U―23ワールドカップ(19日・コロンビア)に出場する侍ジャパンU―23代表が13日、千葉県内でかずさマジックと試合を行い、7―3で勝利した。チームとしては初実戦で、0―0の3回2死走者なしから2四球を挟んで7連打を放ち、一挙7得点を奪った。 

 3番・岸里(日本ハム)の左前打で1点を先制し、なおも一、三塁から期待の4番・安田(ロッテ)が右翼線へ2点二塁打を放つなど打線がつながった。

 先発・種市(ロッテ)は3回1安打無失点と好投。今季1軍で7試合に登板した力を見せた。稲葉監督は「ミスも出たが、練習試合ではミスがたくさん出た方がいい。打線は2死からよくつながった」と振り返っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース