【東尾修氏 パCSを占う】ソフトB、ハムともに継投がポイント

[ 2018年10月13日 12:00 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦   ソフトバンク―日本ハム ( 2018年10月13日    ヤフオクD )

会見を終え握手を交わす工藤監督(左)と栗山監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ファーストSはソフトバンク、日本ハムともに投手の継投がカギを握る。ソフトバンクは千賀、武田が不安定で、日本ハムにも圧倒的な先発投手は不在。先発投手をどこで見切るか、そして特にソフトバンクは、救援陣を出す順番も含めて、工藤監督には、臨機応変な対応が必要になる。

 打線では、ソフトバンクは柳田にかかる負担が大きい。徹底マークに遭うことが予想されるが、柳田が封じられた時に後ろを打つ打者がカバーできるか。日本ハムも近藤、中田の後の打者に好機は来る。DHをアルシアと清宮のどちらを起用するかの判断も大事。清宮は打ち出したら爆発力のある選手だけに、波に乗せられれば、チームに勢いをもたらせることができる。

 ファイナルSは本拠地で圧倒的な強さを誇る西武が待つ。初戦先発の菊池で取れれば、打線も落ち着ける。仮に1、2戦打てなくても慌てないこと。精神コントロールも含めて自滅さえしなければ、西武優位は動かない。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース