ヤクルト山田哲 青木さんの分まで 故障で出場微妙「痛いけどチーム一丸で」

[ 2018年10月13日 05:30 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦   ヤクルト―巨人 ( 2018年10月13日    神宮 )

練習の合間ににこやかな表情を見せる山田哲 (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲が「青木の穴」を一丸でカバーすることを誓った。神宮室内練習場で初戦前の最終調整を行い「(青木不在は)チームにとって痛い。でも、それをカバーできる力はある。ミーティングでも“チーム一丸となっていこう”という話をした」と気合を入れた。

 2日のDeNA戦で左太腿裏を痛めた青木は別メニュー調整中で「出たいけど、いろんなことを考えて判断しないといけない」と慎重。先発出場は厳しい状態で出場選手登録するか否かを、当日まで見極める方針の小川監督も「代打でいけるのなら登録する。無理しても使いたい気持ちはあるが、今後も含めて考えないと」と悩ましげだ。

 青木の故障後、代役2番としてシーズン終盤4試合に出場した山田哲は「状況に応じて進塁打だったりヒットもそうだけど、走塁でも足を絡めて2番の仕事をしたい」と表情を引き締めた。本拠地で迎える短期決戦。相手先発の左腕・今村に対し、背番号1は「球種を絞って、迷わず打ちたい」と力を込めた。 (細川 真里)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月13日のニュース