ヤクルト星、今季初先発で2勝「先発の方が僕自身いいのかな」

[ 2018年9月14日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―2巨人 ( 2018年9月13日    東京D )

ウイニングボールを手にファンの声援に応える星(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今季初先発のヤクルト・星が6回2安打1失点で2勝目を挙げた。「うれしい。真っ白なマウンドで投げられ、試合をつくれてよかった。先発の方が僕自身いいのかなと思う」。

 新人だった昨季は主に先発で4勝を挙げたが、昨秋に右肘疲労骨折の手術を受けた。今季序盤は中継ぎとして14試合に登板後、2軍で先発調整に努めてきた。小川監督も「初先発であれだけ投げてくれれば言うことない」と称えた。14日にも出場選手登録を抹消後、22日以降の9連戦に再び先発する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月14日のニュース