巨人・内海 筒香&ソトに連続被弾…5回4失点降板 好相性生かせず

[ 2018年9月14日 19:52 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2018年9月14日    横浜 )

<D・巨>5回2死、筒香に本塁打を打たれた内海(撮影・荻原 浩人)                                                                                                                                            
Photo By スポニチ

 巨人の内海哲也投手(36)が5回4失点で降板した。

 2回2死一、三塁から9番・伊藤の中前適時打で1点を先制されると、0―2の5回には今季無安打に抑えていた筒香に左越えソロ、続くソトにも2者連続本塁打を許し、この回で交代となった。

 今季、ここまでDeNA戦は2勝0敗、防御率1.50、横浜スタジアムでは2試合で計16回を1失点だったが、好相性を生かせなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月14日のニュース