阪神・才木、またも松坂に完敗 5失点KO「修正できなかった」

[ 2018年9月14日 05:30 ]

パ・リーグ   阪神2―6中日 ( 2018年9月13日    甲子園 )

3回2死一、三塁、高橋(左)に右前適時打を打たれる才木(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 阪神・才木は三たび「怪物」に経験の差を見せつけられた。序盤から中日打線につかまり8安打5失点、自己最短3回1/3でKO。3度目の投げ合いだった松坂に結果、内容とも完敗だった。

 「あまりストレートの調子が良くなかったので、それの修正というか、変化球を使っていければ良かったのですが。修正できない投球が続いてしまった」

 初回2死から大島に左前打を許し、二盗に梅野の悪送球も重なって三塁に走者を背負った。ビシエドには追い込んでからのフォークが抜け、三塁線を破られる適時二塁打。3回も4安打を浴びせられて3失点すると、4回に5点目を失ったところで降板した。

 ベンチから見た38歳の力投は19歳にどう映ったか。松坂は走者を背負いながらも緩急を駆使して要所を締めた粘投。これで3度の対戦はいずれも松坂に白星、才木に黒星が付いた。「修正できるようにしていきたい」と悔しさをにじませた。

 金本監督も「序盤で4、5点取られたらやっぱりね。今は先発事情が苦しいところで、頑張ってほしかったんだけどね」と嘆いた。この3連戦はすべて初回に失点。エースのメッセンジャーも離脱して苦境を迎えているだけに若さと勢いのある才木にかかる期待は大きい。次こそ逆風をはね返す快投を見たい。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月14日のニュース