ハム、地震後初の札幌D開催 2割の節電目標 清宮「プレーは2割増しで」

[ 2018年9月14日 05:30 ]

日本ハムの清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムは14日にオリックスと北海道胆振東部地震後初となる本拠地での試合を行う。

 電力不足を受け、道内全域で2割の節電目標に取り組んでおり、札幌ドームでも敷地内の照明を減灯するなどして対応する方針。東京から空路、札幌に戻ったドラフト1位・清宮は「僕らのプレーは2割増しでやります。特別な試合にしないといけない。いろんな思いを背負って戦います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月14日のニュース