平野、逆転サヨナラ被弾 初セーブ翌日「力みがでちゃった」

[ 2018年9月14日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4―5ロッキーズ ( 2018年9月12日    デンバー )

ロッキーズ戦の9回、逆転サヨナラ2ランを浴び、引き揚げるダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野は逆転サヨナラ2ランを浴び、3敗目を喫した。9回途中から登板してメジャー初セーブを挙げた前日11日と異なり、この日は1点差の9回頭から。久々の大役に「いつもと同じように入らなきゃいけないが、できなかった。力みが出ちゃった」という。

 先頭打者を内野安打で出し、1死二塁から一昨年の首位打者ラメーヒューに高めの直球を右翼席に運ばれた。高めの直球を完璧に捉えられ、打球をぼうぜんと見守った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月14日のニュース