PR:

巨人3連敗 最下位DeNAと2・5差、56イニングぶりタイムリーも続かず

セ・リーグ   巨人2―4DeNA ( 2018年9月14日    横浜 )

<D・巨>5回2死、左越えソロを放った筒香を見つめる高橋監督(右)(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 巨人は3点を追う8回に56イニングぶりとなるタイムリーが出たものの、1分けを挟んで3連敗を喫した。

 7回に大城のソロで1点を返し、3点を追う8回だった。1死から重信が一塁内野安打で出塁すると、続くマギーが左中間を破った。一塁走者の重信が長駆、生還し2点差に。2日の中日戦の9回を最後にタイムリーは実に6試合、計56イニングぶり。さらに岡本の死球で1死一、二塁としたものの、5番・亀井が右飛、6番・ゲレーロも二飛に倒れ、追加点を奪えなかった。残り13試合。クライマックスシリーズ出場圏内の3位とはいえ、最下位・DeNAとのゲーム差は2・5に縮まった。 試合速報

[ 2018年9月14日 21:10 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月26日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム