U18金足農・吉田 痛恨1球…初回3ラン被弾 6回5K3失点で降板

[ 2018年9月5日 20:12 ]

U18アジア選手権1次ラウンドA組   日本―韓国 ( 2018年9月5日    サンマリン宮崎 )

<U18 日本・韓国>1回1死一、二塁、吉田はキム・デハンに先制3ランを打たれる(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 第18回BFA「U18アジア選手権大会」は5日、1次ラウンドが行われ、A組の日本はサンマリン宮崎で韓国と対戦した。ともに2戦全勝同士で1位通過が懸かる一戦。日本は夏の甲子園で準優勝に輝いた金足農の吉田輝星(3年)が先発し、初回に先制3ランを被弾した。この一発が響いて6回を2安打3失点、4奪三振でリードを許したまま降板した。

 計881球を投じ、甲子園を沸かせた右腕は宿敵・韓国相手に今大会初登板。初回から最速149キロをマークし、強力打線をねじ伏せにかかった。しかし、四球と味方の失策で1死一、二塁から4番のキム・デハンに初球の高めに浮いたスライダーを左翼席に運ばれ、3点を先制された。結局、95球を投げ、6回を2安打3失点、5奪三振で交代した。

 一方、打線は6回に敵失絡みで1点を返したものの、1―3とリードを許している。

 ≪U18大会規則≫

 ☆試合方式 1次ラウンド(R)は4チームずつ2組に分かれ、各組上位2チームがスーパーRに進出。進出チームの直接対決の成績はスーパーRに持ち越される。スーパーRは別組の2チームと対戦。計3試合の成績の上位2チームが決勝、3、4位チームが3位決定戦に進む。

 ☆タイブレーク 9回終了時点で同点の場合、延長10回から「無死一、二塁の継続打順」でタイブレークを実施。

 ☆コールド 5回15点、7回10点でコールドゲームとなる。

 ☆球数制限 1人の投手が投球可能な球数は105球と定められ、それ以上投じた場合は中4日の休養が義務づけられた。上限に達した場合、対戦中の打者には最後まで投げられる。また50球以上投げた投手は必ず中1日空けなければならない。球数にかかわらず3日連続登板すると4日目の登板は認められない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月5日のニュース