ソフトB達川ヘッド 引退の広島・新井をねぎらう「3年でクビになると思っていたけど…」

[ 2018年9月5日 17:46 ]

ソフトバンクの達川光男ヘッドコーチ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの達川光男ヘッドコーチ(63)が5日、引退を表明した広島・新井貴浩内野手(41)をねぎらった。

 新井のルーキーイヤーから2年間、監督として指導。初めてのキャンプで見た際は、ファウルチップばかりの新井に対して「どうしてプロ野球に来たんかなという感じだった」と懐かしそうに回想。「3年でクビになると思っていたけど、20年。2000安打も打って。強みは体が強かったことと、痛みにも強かったこと」。努力を惜しまなかった41歳に敬意を表した。

 「ここまで20年間、ようやったのぅ」と広島弁でねぎらい、「色んな経験をしてきた。2軍からたたき上げの人間だから、指導者になってほしい」とプロ野球界の将来をたくした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月5日のニュース