日本ハム 首位・西武に快勝!加藤は7回2安打無失点で59日ぶり白星

[ 2018年9月5日 20:49 ]

パ・リーグ   日本ハム4―0西武 ( 2018年9月5日    旭川 )

<日・西>日本ハムの先発投手・加藤(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムが首位・西武に快勝。負ければ自力Vの可能性が消えていたが踏ん張り、首位とのゲーム差を5に縮めた。

 初回に中田の犠飛と鶴岡の適時二塁打で2点を先制。4回には無視一、三塁で杉谷の犠飛、7回には2死一、二塁から近藤の適時打で加点した。

 先発の加藤は7回を投げ、わずか2安打無失点、6奪三振の好投で7月8日以来、59日ぶりとなる5勝目をマークした。

 西武はわずか3安打と打線が沈黙し、5月20日以来の零敗を喫した。先発の榎田は7回途中まで投げ8安打4失点で3敗目を喫した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月5日のニュース