PR:

【新井引退発表 一問一答】「日本一になって、みんなとうれし涙で終われれば最高」

晴れやかな表情で今季限りでの引退を表明した新井(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島の新井貴浩内野手(41)は5日、マツダスタジアム内で会見を行い、今季限りで現役を引退する意向を表明した。

 以下、新井との一問一答。

 今シーズン限りで現役を引退することに決めましたので、ご報告させてもらいます。ありがとうございました。

 ―球団に引退の意思を伝えたのは、いつ?

 8月の初めの頃ですか。はい。

 ―伝えるに至った経緯、思いは

 自分の中では早い段階で、そういう風に決めようとは考えていました。8月に入ってすぐ、鈴木(球団本部長)さんの方にもお伝えしました。球団始め、鈴木さんには“考え直せ”と“まだ辞めるな”と言って頂き“1カ月間、考え直してくれ”と言って頂いたが、8月いっぱい考えて、自分の気持ちが変わらない。そうお伝えしました。

 ―考え始めたのはいつぐらいか、またそのきっかけは

 どうですかね。これといった決定的なタイミングはなかったですが、だんだん自分のことを考えて、そろそろかなと考え出したのが交流戦終わったぐらいです。

 ―1カ月間、気持ちが変わらなかった理由

 やっぱり今、若手が凄く力を付けていまして、これからの2年後、3年後、5年後のカープの事を考えるときに、今年がいいんじゃないかなと考えました。

 ―会見に臨んでいる今の率直な気持ちは

 そうですね。自分の中では2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのために少しでも力になりたいと思ってきた。1年間やって、力になれなかったら、すぐやめようと思って。こうして4年間もやらせてもらって、優勝もさせていただいて…。周りの方に感謝の気持ちしかない。

 ―相談された方は

 黒田(博樹)さんには、早い段階でそういう気持ちですと伝えていました。あと石原にも伝えていました

 ―黒田さんの反応は

 “えっ、ホンマか”。それが第一声でした。

 ―やりとりは

 そうですね。最初は“まだまだできるだろ”という感じだったけど、話すうちに“お前が決めたことだから”と。あとは“最後、お前らしく頑張れ”と言って頂いた。

 ―石原の反応は

 石原は何も言葉を発することなく、ショックそうな顔でしたね。

 ―新井さんからの言葉は

 今、ベテランは僕と石原ぐらいですかね。石原だけになってしまったので、まだまだお前の力が必要と思うし、少しでも長く頑張れよと話しました

 ―家族は

 子どもは伝えたときは“何で”という反応でやめてほしくなさそうな表情でしたね。

 ―何でという思いはファンも持っている

 本当にマツダスタジアムに限らず、どこの球場でも代打や打席に立った時、大歓声を頂いて、その中であんまり、なかなか自分が喜ばせてあげることができていないので、そういう事も含めて申し訳ない思いもあるし、25番のユニホームを着て応援してくれている方もたくさんおられる中で、今年でユニホーム脱ぐという決断したので、そういう方達にも申し訳ないな、というそういう人達を悲しませるようになってしまうのが申し訳ない。

 ―プロ生活でのこだわり

 自分は大した選手でもないし、練習することでやってきた。こだわってきたというか、運のいい、周りの方との出会いに恵まれた、運のいい選手だったなと思います。

 ―たくさんおられる中で恩師を挙げるなら

 本当にたくさん、数え切れないくらいおられるけど、山本浩二さんは一番迷惑かけた監督なので…。先ほど連絡して気持ちは伝えました。

 ―かけられた言葉は

 よく頑張ったなと。最高の引き際じゃないのかと言ってもらいました。

 ―技術面、一つ一つのプレーで満足度は

 もちろん満足はしていません。でも気持ちが折れることはなかった。毎回毎回、多くの声援を頂いて最後、少しでも喜んでもらいたいという気持ちでプレーしたい。

 ―3連覇に向けて、このタイミングの発表は

 全ては球団の方にお任せしていました。自分としては全部、終わってからでも良かったけど、やっぱり発表して、たくさんの人に見てもらった方がいいと言っていただいて、そういう関係でこのタイミングになりました。

 ―日本シリーズまで考えればこの先2カ月、試合が続く。どんな姿勢で臨むか

 もちろん結果で喜ばせたいと思うし、最後の最後まで全力疾走で駆け抜けたいなと思います。

 ―シーズンに向けて、3連覇に向けての意気込みを

 本当の戦いは10月、11月に来ると思う。チームの力になれるように、また最後の最後、かわいい後輩達と喜び合える、それで終われるように頑張っていきたい。

 ―復帰会見で燃え尽きたいと言っていた。引退を決意した今の気持ちを

 本当にもう感謝の言葉しか見当たらない。当時も言いましたが、まさかもう一度カープのユニホームを着させてもらえるとは思っていなかった。1年1年が勝負。その中で4年間もやらせてもらって、優勝もさせてもらった。球団始め、ファンの方には感謝の気持ちしかない。その気持ちがここまで自分の体を動かしてきた。

 ―日本一に向けて

 日本一になって、みんなとうれし涙で終われれば最高と思うし、自分もそこに、何とか力になれるように最後の最後まで全力で頑張りたい。

 ―表情は晴れやか

 まだまだ試合は続きますし、本当、ここまでやらせていただいた。ありがとうございますという思いでそうなっているんでしょうか。ただ、だれでも別れというのは寂しい気持ちにはなりますね。

 ―やめることによるチームへのプラスが想像できない。

 そんなことはないでしょう。若い選手がチャンスと思って欲しいし、そこで競争が生まれて、またカープのこれからの強さにつながっていく。

 ―若手に思うこと

 ポテンシャルの高い、いいものを持った若い選手が多いなと感じてる。その中でいい子が多い。素直で性格のいい子が多い。本当にかわいい後輩達です。

 ―ファンの皆さんには

 本当に戻ってきた時は、まさかここまで応援していただけるとは思っていなかった。帰ってきて初めての開幕戦、ヤクルト戦での代打は生涯、忘れることはないですし、たくさん声援を送って下さるファンの方に喜んでもらいたい気持ちがあったから、ここまで体が動いてくれた。

 ―大打者の多くが技術を極められなかったと会見で言うが

 もちろん、極めてないです。やはりバッティングってこれでいいというモノはないと思いますし、今でも自分でも、この年になっても、まだいいモノがある、まだ良くなると思ってやっている。極めるということはないと思います。

[ 2018年9月5日 12:54 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月21日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム