DeNAドラ9ルーキー山本がプロ初マスク、初々しく「緊張しました」

[ 2018年5月25日 23:27 ]

セ・リーグ   DeNA14-5ヤクルト ( 2018年5月25日    神宮 )

 ドラフト9位ルーキーのDeNA・山本祐大捕手が、ヤクルト戦でプロ初出場を果たした。

 先発マスクの高城に代わり、9回の守備から出場。国吉とのバッテリーで1回を無失点に抑えた。19歳は「すごく緊張しました。試合に出られてうれしかった」と初々しく振り返った。

 BCリーグ・滋賀から入団。滋賀で本格的に捕手に挑戦したという、伸びしろに大きく期待がかかる存在だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース