阪神、岩貞の快投で3連勝&勝率5割復帰!糸井も通算150号本塁打達成

[ 2018年5月25日 20:59 ]

セ・リーグ   阪神1―0巨人 ( 2018年5月25日    甲子園 )

先発の岩貞(撮影・奥調)
Photo By スポニチ

 阪神は、糸井の一発を守り切り3連勝で勝率は5割に復帰した。。先発の岩貞が7回120球を投げて、6安打無失点の快投で今季5勝目をマーク。

 打線は、5回1死無塁、巨人のエース・菅野から糸井が右越えの8号ソロで先制。この本塁打が史上167人目となる通算150号本塁打達成となった。

 投げては岩貞が降板後も桑原、ドリスと好継投で無失点リレー。1点のリードを守りきった。

 巨人は先発の菅野が8回122球を投げて、1本塁打を含む4安打と好投を見せるものの、打線が好機を活かせずチームは2連敗。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース