【隠しマイク】達川ヘッド“解説”「丸い卵も切りようで四角じゃ」

[ 2018年5月25日 08:30 ]

<神・ヤ>8回2死二塁、福留(手前)を申告敬遠で歩かせる小川監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ◎10月に予定される第1子誕生が待ち遠しいヤクルト・ブキャナンは、スポニチ本紙女性記者に「来年、会えるよ。ベビーシッター、オネガイシマス」。大役を拝命しました。

 ◎ソフトバンク・達川ヘッドコーチは首位・西武との試合に向け「そうじゃな。丸い卵も切りようで四角じゃ」。ベンチワークが大事ということのようです。

 ◎NHKの朝ドラ好きで、最近また見始めたというヤクルト・小川監督は報道陣に「みんな、朝ドラ見てる?」。見ている時間帯を聞かれると「7時半だよ」。BSプレミアムでの先行放送を見ているそうです。

 ◎23日の試合で43試合を消化し、今季残り100試合になった話題を振られた日本ハム・栗山監督は「早いね〜。あと200試合ない?ないね」。どこまでも野球が好きな指揮官です。

 ◎西武・カスティーヨが丸刈りの担当記者の背後から忍び寄り、ミネラルウオーターのペットボトルで頭をコツン。「ヘイ、ボーイ」と大爆笑しながら去っていきました。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月25日のニュース