中日・吉見 たった3球で逆転許す 朝倉コーチ「もうちょっと注意を…」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―3DeNA ( 2018年5月24日    横浜 )

<D・中>3回1死、筒香(上)に勝ち越し本塁打を浴びた吉見(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日・吉見が2発に沈み、7回3失点ながら今季初黒星を喫した。

 2点リードの3回1死一塁からロペス、筒香に連続本塁打を浴び、たった3球で逆転を許し「2点を取ってくれたのに守れなかったのが、今日の敗因」と唇をかんだ。いずれも初球を狙われ、朝倉投手コーチは「もうちょっと注意を払ったらよかった」と指摘。勝てば16年7月以来2年ぶり、森監督就任後は初のAクラス入りになる一戦に競り負け逆に5位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース