清宮 19歳バースデーに奮起!プロ初の適時打&マルチ安打を記録

[ 2018年5月25日 20:44 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2018年5月25日    メットライフD )

<西・日>3回2死一、三塁清宮は大きな右飛を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 誕生日を迎えた日本ハムの清宮が西武戦に7番レフトで出場。19歳初の公式戦でプロ初の適時打とマルチ安打を記録した。

 清宮は先発・相内から1打席目に左前打を放ち、12打席ぶり安打を記録。2打席目は2死一、三塁のチャンスで右方向へ大きな飛球を放つもライトの正面。3打席目も右飛に倒れた。

 7―2とリードした7回の4打席目には、2死二塁のチャンスに3番手・平井から右安適時打。右方向へゴロで鋭い打球を飛ばすと捕球体勢に入った一塁手の手前で大きく跳ね、外野へ抜ける“幸運”な一打となった。

 8回の守備時にベンチへと下がり、19歳初戦で4打数2安打1打点の活躍。自身の誕生日に自ら花を添えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース