新日鉄住金広畑・坂本に7球団が視察 3失点完投も敗戦

[ 2018年5月25日 14:15 ]

社会人野球・都市対抗近畿2次予選 第1代表決定トーナメント2回戦   NTT西日本3―2新日鉄住金広畑 ( 2018年5月25日    シティ信金スタ )

<新日鉄住金広畑・NTT西日本>8回3失点完投で敗戦投手となった新日鉄住金広畑・坂本
Photo By スポニチ

 新日鉄住金広畑は今秋ドラフト候補左腕の坂本光士郎投手(23)が先発。8回3失点(自責1)で完投したが敗戦投手となった。

 7人態勢の阪神をはじめ、7球団のスカウト、球団幹部らが視察する中、5回までは1安打で毎回の7三振を奪う快投。しかし、2―1の8回に自らがバントを悪送球する失策もあり、2死二、三塁のピンチを招くと、代打・石山に逆転の2点適時打を浴びた。

 原田三郎監督は「投球内容自体は今年、一番良かった。点を取れるときに取れていたら、坂本ももっと楽に投げられたと思う」とかばった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース