井口ロッテ初サヨナラ勝ち 悩めるドミンゲス2度敗戦危機救った

[ 2018年5月25日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ7―6日本ハム ( 2018年5月24日    ZOZOマリン )

<ロ・日>延長12回、サヨナラ適時打を放ち手荒い祝福を受けるロッテ・清田(左から2人目)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 延長12回2死一、三塁。ロッテ・井口監督にとって初のサヨナラ勝ちを決めたのは清田の左前打だった。この夜、誰もがヒーローだと称えたのは日本球界への適応に苦しみ続けた新外国人ドミンゲスだった。

 「接戦を勝つことができた。興奮するし、素晴らしい試合だ」

 2度の奇跡だ。2点差の9回1死一塁、代打でトンキンの148キロを左翼席へ3号同点2ラン。5―6と1点勝ち越された11回2死二塁では同僚シェッパーズから「直球を打った後は変化球でくる」との助言を信じ、西村の初球スライダーを左中間へ二塁打し、2度、敗戦の危機を救った。

 交流戦前は残り3試合で借金2。目標に掲げる交流戦前の借金完済に望みをつないだ井口監督は「(ドミンゲスは)状態がいい」とスタメン起用も示唆していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース