大谷 人生初のカナダを満喫「球場もファンもきれいな街」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―4ブルージェイズ ( 2018年5月23日    トロント )

<ブルージェイズ・エンゼルス>9回1死満塁、中前に同点の2点打を放つ大谷(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷は人生初のカナダにも自然体で臨んでいる。

 前日「球場もファンもきれいな街だなと思った」と話していたが、この日はブルージェイズ本拠地のロジャーズ・センターは開閉式の屋根を開け、トロントの象徴でもある高さ553メートルのCNタワーが見渡せた。「凄く気持ち良くプレーできた。開いていても、閉まっていても、しっかり活躍できるように頑張りたい。機会があったら行ってみたい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース