オリックス勝率5割復帰ならず 宮内オーナー「岸君の方が良く投げた」

[ 2018年5月25日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―4楽天 ( 2018年5月24日    東京D )

<楽・オ>8回1死一塁、ペゲーロの中前打を避けた際に右膝を負傷し降板した西(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 壁は厚かった。3連勝で止まり、勝率5割復帰への挑戦に3度続けて失敗したオリックス・福良監督は「岸は良かったが、西も頑張っていただけに…」と淡々と振り返るだけだった。

 4回まで無安打に抑えていた西が5回に先制点を献上。1―2の8回には1死一塁からペゲーロの打球を避けた際に左足のスパイクを右膝に当てた影響で降板し、「相手投手も良かっただけに最後まで投げ切りたかった」と悔やんだ。幸い軽傷で次回登板に影響がないことだけが救いだ。

 打線も岸の前に4安打1得点。観戦に訪れた宮内オーナーも「西というより岸君の方が良く投げた。今日はやられた」と苦笑い。普段は厳しく敗因を分析する総帥もお手上げ状態の完敗だった。(桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース