ロッテ・角中 プロ12年目で初のバースデー・タイムリー

[ 2018年5月25日 22:16 ]

パ・リーグ   ロッテ5-9オリックス ( 2018年5月25日    ほっともっと神戸 )

<オ・ロ>3回、角中が右前適時打を放つ(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 1―0の3回1死一、二塁、25日が31回目の誕生日だったロッテ・角中勝也外野手はオリックス・松葉の142キロをとらえ、右前へ適時打。これまで「5・25」は通算11打数3安打だったが、プロ12年目で初の記念日タイムリーとなった。

 「ベンチもファンの方も盛り上がってくれればいい」

 当初は選手会長の思惑通りになった。なお3回1死一、三塁で清田が中犠飛。続く井上は「角さん(角中)が(誕生日祝いに)一人1本打ってくれと言っているので」と左中間適時二塁打を放ち、この回3得点で4―0とリードを拡大した。

 右肩痛で指名打者としての出場が続くが、状態は上向き。27日までのオリックス3連戦で守備復帰の可能性もある。「僕が守れればドミンゲスも(指名打者で)使える。ずっともやもやしていた。早く守れればと思う」と角中はやる気だ。

 エース・涌井の思わぬ乱調で逆転負けしたが近日中に「左翼・角中」が戻れば、この夜10安打5得点と好調な打線にさらに厚みが加わることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース