大谷 28日登板回避 VSマー消滅…ブルペン入らず回復優先か

[ 2018年5月25日 05:30 ]

<ブルージェイズ・エンゼルス>メディシンボールを投げる大谷(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が27日(日本時間28日午前2時5分開始)のヤンキース戦登板を見送られることになった。24日(同25日)のブルージェイズ戦前にマイク・ソーシア監督が「後ろにずれ込む。シーズン全体を考えている。(前回登板の)110球が問題ではない」と説明。大谷の代わりにリチャーズが中4日で登板する予定で、ヤ軍・田中との初めての投げ合いは事実上の消滅となった。

 23日の大谷はブルペンには入らず、軽めのキャッチボールに終始。回復を優先したとみられ「チームにそういうふうに言われていた。僕は調整自体、これが良いというのはないので、その通りにいった」と話していた。一方、27日(同28日)のヤ軍戦で打者として田中と初対決する可能性はある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月25日のニュース