国学院大・山岡 二枚看板・清水に続いた 連勝で勝ち点もたらす

[ 2018年4月20日 05:30 ]

東都大学野球第2週第2日   国学院大5―1駒大 ( 2018年4月19日    神宮 )

<駒大・国学院大>5回1失点と粘った国学院大の左腕・山岡
Photo By スポニチ

 2回戦2試合が行われた。国学院大が駒大に連勝し、勝ち点1を挙げた。左腕・山岡就也投手(4年)が5回1失点と粘り、リーグ通算10勝目。中大は亜大に競り勝ち、1勝1敗として3回戦に持ち込んだ。

 プロ注目の左腕、国学院大・山岡が5回1失点と粘ってリーグ10勝目を挙げ、連勝で勝ち点に導いた。「少し力んだが打たせてとれた」。オフに左肩付近を肉離れしたが復活。最速は130キロ台中盤と抑え気味も「低めを意識した」と丁寧な制球が光った。1回戦では同期で二枚看板の右腕・清水が勝ち「2人でしっかり引っ張りたい」と力を込めた。

 ▼駒大・大倉孝一監督 一本が出ないね。今日は監督がヘボでした。もう少し選手も含め動かせば良かったかな。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月20日のニュース