金本監督「勝ちは勝ち。喜ぼう」4安打2点でも…松坂に“怪勝”3連勝

[ 2018年4月20日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―1中日 ( 2018年4月19日    ナゴヤD )

<中・神>8回2死二塁、大島の打球を好捕する俊介
Photo By スポニチ

 阪神は19日の中日戦に2―1で競り勝ち、今季初の3連勝へ伸ばした。12年ぶり激突だった松坂を打ちあぐねながら足攻と敵失につけ込んで4安打2得点。最少リードを執念継投と好守で守り切った。

 金本知憲監督(50)は「不満足な勝ちですけど、勝ちは勝ち」と一丸でもぎ取った勝利に目尻を下げた。

 勝ちは勝ちだ。勝ったからこそ反省もできる。だから金本監督も、まずは素直に勝利を喜んだ。

 「そうですね。貧打戦というか。打てそうで打てない、点を取れそうで取れないというところで勝てた。勝てるところは勝っておくという点では、よかったんじゃないかと思います。不満足な勝ちですけど、今年は勝ちは勝ちで、しっかり喜ぼうということで」

 指揮官や片岡ヘッド兼打撃コーチが現役時代に対峙(たいじ)した松坂とは、もはや別人だった。全盛期には150キロ超が当たり前だった直球が今は140キロ前後がやっと。「球種が多くて絞りにくさみたいなのもあったかもしれない。適当に荒れていたし」と振り返ったようにカットボール、スライダー、チェンジアップなどを多投する軟投派に変貌を遂げていた。

 攻略へ、まずは足攻が効いた。2回無死一塁、福留の打席。フルカウントから一塁走者のロサリオがスタートを切った。判断が難しい右前打で果敢に三塁を陥れ、糸原の先制犠飛につなげた。同点の4回にはミスにつけ込んだ。松坂の失策を足がかりに無死満塁として福留の遊ゴロ併殺の間に決勝点を奪った。

 その最少リードを執念継投で守り切った。7回以降は岩崎、マテオ、高橋聡を2/3回ずつ小刻みに投入。個々の負担を軽減しながら8回まで「0」を連ね、最後はドリスで締めた。「難しかったね。スイッチヒッターがいるし。代打陣もどっちが来るか…というところで、ちょっと今日は難しかった。よく香田コーチが助けてくれました」とこうべを垂れた。

 好守も白星をもぎ取る要因となった。一打同点の8回2死二塁、外野は前進守備だった。その回から守備固めで中堅に入った俊介が大島のライナーをジャンピングキャッチし、窮地を救った。

 「取れるところで、もうちょっと取れたんじゃないかなというところと、あとは四球。高橋聡とドリスの(先頭への)四球と、あの(2回の)1点も先頭の四球からやから」と振り返ったように決して内容に満足はしていない。それでも試合には勝った。そこに、大きな意味がある。(惟任 貴信)

 ▽金本知憲と松坂大輔 オープン戦では金本が広島時代の01、02年に対戦して計3打数無安打。公式戦では交流戦元年の05年5月18日に甲子園で初対戦。4回の第2打席でチェンジアップで空振り三振に倒れて節目の通算1000奪三振を献上。「松坂は変化球がいいねえ。真っすぐもいいけど、変化球の方がええかもしれん」と振り返っている。05年は8打席で4打数無安打4四球。06年は7打数1安打で、通算11打数1安打、打率・091と抑えられた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月20日のニュース