投手・大谷 予定通り25日先発へ 指揮官「今の時点ではそのまま」

[ 2018年4月20日 05:33 ]

ア・リーグ   エンゼルス0―9レッドソックス ( 2018年4月18日    アナハイム )

<エンゼルス・レッドソックス>指先を気にしながらベンチでボールの感触を確かめる大谷
Photo By スポニチ

 17日のレッドソックス戦で右手中指のマメを悪化させ、2回3失点で降板したエンゼルスの大谷は予定通り中6日で24日(日本時間25日午前9時10分開始)のアストロズ戦に先発することになりそうだ。

 マイク・ソーシア監督が「状態を見ながら」とした上で「今の時点では次の登板予定はそのまま投げるつもり」と説明した。

 ア軍は昨季ワールドシリーズを制し、MVPのアルテューベら強力打線が売りで、ア・リーグ西地区のライバルとの初対戦に注目が集まる。大谷は球場内の施設でコンディションの回復に努め、試合はベンチから見守った。指揮官は「バットを振るのには問題ない」とし、19日(同20日午前11時7分開始)のレ軍戦はDHでの出場が濃厚だ。 (アナハイム・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年4月20日のニュース