ヤクルト広岡 2失策反省「僅差の試合では守備の方が大事」

[ 2018年4月20日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト4―5広島 ( 2018年4月19日    マツダ )

<広・ヤ>初回、菊池の遊ゴロをファンブルする広岡
Photo By スポニチ

 ヤクルトは1点リードの9回2死から抑えのカラシティーが同点を許し、延長12回に6番手の風張が連打を浴びサヨナラ負けで4連敗となった。

 9回1死満塁など、何度も得点機をつくりながら5回以降は無得点で「何度かあったチャンスをものにできなかったのが、この結果になった」と小川監督。先発ブキャナンは5回まで無失点も、6回に広岡の失策から3失点。この日2失策の広岡は「僅差の試合では守備の方が大事だと改めて感じた」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月20日のニュース