PR:

プロ注目亜大・頓宮が“珍記録”?今季3試合で3安打すべてが中大・伊藤からの本塁打

東都大学野球春季リーグ戦第2週最終日3回戦   亜大3―1中大 ( 2018年4月20日    神宮 )

<東都・亜大―中大>4回に同点ソロを放ち、笑顔でベンチに帰る亜大の頓宮
Photo By スポニチ

 亜大のプロ注目選手、頓宮(とんぐう)裕真一塁手(岡山理大付)が“珍記録”を作った。1回戦で中大・伊藤優輔投手から満塁弾と3ランを放ち、この日の3回戦では1点を奪われた直後の4回に再び伊藤から右翼席に同点ソロ。勝利に貢献した。

 今季3試合で安打は3本。そのすべてが伊藤からの本塁打という珍しいもの。当の頓宮は「いい投手から打てて良かったです」と決して“カモ”とは言わず、この日149キロをマークしたエース右腕から打てたことを喜んだ。

 「中村がいい投球をしていたので何とかしたかった。初球のストレート、ちょっと詰まったけれど右方向を意識して打ちました。風に乗ってくれたし気持ちで打った感じです」今季から主将を任され背番号は1に。捕手も兼ねるが一塁手としてナインを引っ張っている。プロスカウトの中には「打撃はいいけど(一塁だと)守るところが難しいね」という声も挙がる中、まだ1カード目で3本塁打8打点。頓宮のバットが火を吹き続ければスカウトの評価もグーンと上がっていくはずだ。

[ 2018年4月20日 16:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月23日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム