PR:

大谷、鋭い打球も遊ゴロ “大谷シフト”に阻まれる 初の「6番・DH」

ア・リーグ   エンゼルス―レッドソックス ( 2018年4月19日    アナハイム )

第2打席は空振り三振に倒れたエンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が19日(日本時間20日)、本拠地アナハイムで行われたレッドソックス戦に「6番・DH」で先発出場。2回の第1打席は遊ゴロ、4回の第2打席、6回の第3打席はともに空振り三振だった。

 1点を追う2回1死一塁の場面で迎えた第1打席。レッドソックスの左腕・ロドリゲスの3球目をとらえた。鋭い打球は中堅に抜けるかと思われたが、遊撃手が二塁ベース後方に守る「大谷シフト」に阻まれた。それでも、「大谷シフト」で三塁が空き、一走・シモンズが三塁へ進塁。続くコザートが左前打を放ち、同点に追いついた。

 4回にレッドソックスに2点を勝ち越されて迎えた直後の攻撃。同じく1死一塁の場面で第2打席を迎えたが、空振り三振。3点ビハインドで迎えた6回の第3打席。またしても2死1塁の場面で、5球目のチェンジアップにバットが空を切り、2打席連続で空振り三振に倒れた。

 3月29日(同30日)の開幕戦に8番でメジャーデビュー、13日(同14日)の敵地・ロイヤルズ戦で8番から7番に打順を上げたが、この日さらに昇格、初の6番での出場となった。

 打者として出場するのは、13日(同14日)のロイヤルズ戦以来4試合ぶり。大谷はこれまで先発出場した7試合すべてで安打を記録している。17日の今カード初戦に先発し、右手中指のマメを悪化させて2回3失点で降板したが、ソーシア監督は「バットを振るのには問題ない」と話していた。

[ 2018年4月20日 13:29 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:05月27日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム