ロッテ先発・ボルシンガー 右足くるぶし付近に打球を受け降板

[ 2018年4月20日 22:16 ]

パ・リーグ   ロッテ8-9西武 ( 2018年4月20日    メットライフD )

<西・ロ>6回裏無死二塁浅村の打球がボルシンガーの右足に当り、当たった箇所を押さえる
Photo By スポニチ

 ロッテ先発・ボルシンガーが右足のくるぶし付近に打球を受けて降板した。

 5回まで3安打無失点の好投。しかし6回無死二塁で浅村の打球が右足を直撃し、そのままマウンドを降りた。

 試合は終盤に大荒れの展開で敗戦。来日2勝目はならなかったボルシンガーは「ああいう形で降板したのは、とても残念。それでも感じよく投げられたし、自分の投球はできた」。試合後は足を痛がるそぶりも見せず、「次の登板も大丈夫だと思う」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月20日のニュース