牧田 3連投も1回零封「一番いい投球ができた」

[ 2018年4月20日 05:30 ]

ナ・リーグ   パドレス4―13ドジャース ( 2018年4月18日    サンディエゴ )

<パドレス・ドジャース>7回から登板した牧田(AP)
Photo By AP

 パドレス・牧田は4―9の7回に登板。3連投となったマウンドで1イニングを1安打無失点に抑えた。

 2試合連続で失点しており「3連投だったが、一番いい投球ができた」とほっとした表情だ。打たれていた原因を「力みが出て自分本来の投球ができていなかった」と分析。点差もあり「今日は脱力して投げられた」と連投をいとわぬ姿勢で今後へのヒントを得たようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月20日のニュース